歯医者

歯医者で受けられる治療|かかりつけ医はしっかり選ぼう

早めの受診を

歯

川崎区の歯医者は、歯周病対策に力を入れています。歯が揺れてグラグラしたり、口臭がひどくなったり、はれと痛みがひどい場合などは歯周病の可能性が高いです。症状がひどくなると抜くことになるので、これらの症状がある場合は、早く歯医者を受診することです。歯周病の増加は全国的な傾向ですが、川崎区でも増えています。川崎区の歯医者は、できるだけ抜かない治療を実施していますが、早く治療を済ませたい方は抜く場合もあります。抜かないで歯を残すためにも、歯周病を放置せず、早急に歯科医院で治療を受けることが大切です。川崎区の歯医者は、予防歯科にも力を入れており、正しいブラッシングの指導、歯の健康に効果的な食事の方法なども指導しています。

虫歯の治療では、歯の神経を残す治療の方が取る治療よりも歯が長持ちすることが知られています。そのため、川崎区の歯医者では、なるべく歯の神経を残す治療を実施しています。小さい虫歯であっても、放置すると穴が次第に深く大きくなります。歯のエナメル質は、表面よりも内部の方が柔らかい構造のため、穴の広がりとともにどんどん溶け出してしてしまいます。穴が神経に近づくと、冷たいもの、熱いものがしみるようになり、歯茎から出血したり、痛みが出てきたりします。そうなるとかなり進行していて、神経を取らなければならない場合もあります。神経は再生しませんので、手遅れにならないためにも、早めに受診しましょう。歯の定期検診も有効です。